集大成

投稿日: カテゴリー: 女子

 集大成

 

 ついこの前、国士舘女子バスケットボール部に入ったと思いきや、

もう最後のインターハイ予選を迎える事となりました。

最初、私達は本部員の3年生が2人、2年生が2人という少ない人数でした。

5人揃わず、試合出場が危ぶまれながらも、本当に沢山の方々のご支援、

ご協力により、国士舘の名前を背負って試合に出場する事が出来ました。

先輩方が1年前ベスト32という功績を残し、

私達に、しかも副キャプテンになったというのは、ただならぬプレッシャーがありました。

人数が少ないから…と言うのは嫌で、相手の人数が多くても格上でも格下でも、

やるからには勝ちたいという思いがあります。

1人の穴が原因で負ける」と何度も言われました。

プレイヤーとしてずっとインサイドでしたが、背や体格で優位な訳ではなく、

だからと言ってアウトサイドや走るのが速い訳ではなく、

例え、副キャプテンとしてどれだけうまく出来ても、

結局試合になって貢献できなければ声掛けや雰囲気作りにおいても

意味が無いように思っていました。

さらに、雰囲気作りでは、物事をうまく伝えられず

ただ当たり障りの無い事を言う、1人で空回っている

非常に頼りない副キャプテンだったと思います。

しかし、ずっと悩んでいた時にアドバイスをくださり、

冬の岩手遠征で突破口が見えたと思え、やるべき事が明確になり

試行錯誤しながらもチームが固まってきたように感じました。

身体的にも肉体的にもきつい時はありましたが、

不思議な事に部活を辞めたいと思った事はありませんでした。

新たに1年生を迎え、全員で一丸となって1つでも多くの勝ちを掴み取ります!

国士舘でこの仲間や先生方に出逢えて本当に良かったです。

最後にお世話になった先生方、応援して下さる保護者の方々、OBOGの方々に、

恩返しが出来るように頑張りますので、

 

応援のほど、よろしくお願い致します!!

 

 

女子部 副キャプテン

竹國 夏奈子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA