【女子】平成28年度 東京都総合体育大会 東京都予選 第1回戦|会場校の雙葉高校に全員得点にて大勝!

投稿日: カテゴリー: 女子

【女子】平成28年度
東京都総合体育大会 東京都予選 第1回戦

 

平成2858()

 

平成28年度 東京都総合体育大会
東京都予選 第1回戦

 

会場校:雙葉高等学校

対戦校:雙葉高等学校

 

  118-37

1Q 30-4

2Q 34-7

3Q 28-14

4Q 26-12

 

▼前半▼

 

スタート

#4佐藤 #5能上 #6吉田

#7吉田 #8及川

 

1Q

先制点は#6吉田のアシストから#5能上のシュートが決まる。

さらに相手のパスを#8及川がスティールし、ミドルシュートを決め流れに乗る。

国士舘は粘りのディフェンスをし、相手にオフェンスのチャンスを与えない。

点差をつけたい国士舘は、#7新田のドライブがファウルを誘い

フリースローを2本ともものにする。

中盤、#5能上のスティールから#4佐藤がステップシュートを決める。

その後も、#7新田がドライブから相手を抜き去り

レイアップシュートを決め得点を重ねる。

相手が応戦するまもなく、30-4と大量得点し1Qを終える。

 

2Q

1Qの勢いを加速させたい国士舘。

しかし、2Q開始早々ミスが連発してしまい

すかさずタイムアウトを取り集中しなおす。

すると、#5能上がインサイドプレーで得点する。

それに続き、#9狩野がファストブレイクを決める。

中盤、#5能上と#12竹國が交代し、勢いを加速させる。

交代後は#12竹國がセカンドチャンスで得点する。

さらに#6吉田のスリーポイントシュートが決まり、

さらに点差を広げていく。

終盤、#4佐藤がセカンドチャンスを3回連続で決め、

64-1153点差をつけ後半へと突入する。

 

▼後半▼

3Q

8及川のアシストを受けた#5能上が

ノーマークでシュートを決め、先制点を得る。

全員で相手の外れたシュートへ積極的にリバウンドに跳びこみ

国士舘の得点のチャンスを増やす。

するとここまで怪我で苦しんできた#11神田がミドルシュートを決め、ベンチを盛り上げる。

さらに#8及川がセカンドチャンスを決め

国士舘の勢いは止まらない。

11神田と交代した#10金田も#7新田のアシストを受け

華麗なミドルシュートを決める。

終盤、交代した#13浅野が相手の隙を突きシュートを沈める。

その後も相手のパスをスティールし、

攻撃の手を一切緩めず92-253Q終了。

 

 

4Q

最後まで国士舘らしいバスケットを追及する。

11神田が相手のボールを奪い、

8及川のアシストを受けレイアップシュートを決める。

さらに#5能上がファストブレイクで得点する。

大量リードしている国士舘だが積極的にシュートを狙う。

その姿勢にひるんだ相手がタイムアウトを取る。

しかしその後も#4佐藤、#6吉田、#12竹國がファストブレイクを決める。

終盤、#7新田がステップで相手をかわし得点する。

ここで試合終了のブザーが鳴り、118-37で試合を終える。

 

 

本日も応援に駆け付けた下さった保護者の方々、OBOGの方々、在校生の方々

本当にありがとうございました。

ついに3年生にとって最後の大会であるインターハイ予選大会が始まりました。

一人一人が熱い思いを胸の内に秘め、戦いに臨みました。

その結果、選手全員が得点することができました。

しかし、まだまだ細かい部分までこだわりきれていないところがありました。

1日でも長くこのチームで戦いたいと思います。

目標達成できなかった先輩方の思いを背負い、支えてくださっている保護者の方々に

感謝の気持ちを込めて戦っていきますので

引き続き応援のほど、よろしくお願いします。

 

 

マネージャー 塩路(3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA