【女子】 平成27年度 東京都 夏季大会 準決勝

投稿日: カテゴリー: 女子

【女子】平成27年度 東京都高等学校女子バスケットボール 

夏季大会 準決勝

 

平成27824()

会場校:佼成学園女子高校

対戦校:明星高校

 

 

68-50

1P 18-11

2P 23-7

3P 17-11

4P 10-21

 

 

前半

 

スタート

#4佐藤(2)#6能上(2)#7新田(2)

#9吉田(2)#10神田(2)

 

1P

ジャンプボールは相手に奪われてしまう。

しかし、相手のパスミスに目を光らせた#9吉田がスティールする。

そのまま#9吉田が#6能上へアシストし、バスケットカウントをもらうが

フリースローはリングに嫌われてしまう。

その後、#4佐藤がセカンドチャンスをきちんと決める。

中盤、#4佐藤と#7新田のバスケットカウントや、

#6能上の強気なプレーで得た、フリースローが決まり流れに乗りたいところ。

しかし、相手も負けずとシュートを決め、我慢の時間が増える。

終盤、ディフェンスをきっかけに#7新田と#8及川のファーストブレイクが決まり、

18-11となんとかリードして第1ピリオド終了。

 

2Q

#4佐藤(2)#6能上(2)#7新田(2)

#8及川(1)#10神田(2)

 

先制点は#6能上のリバウンドシュートから。

さらに、#4佐藤がスリーポイントシュートを決め、勢いを加速させたい。

チームが勢いに乗ると、#7新田がミドルシュートやレイアップシュートを決める。

さらに#9吉田がファーストブレイクでファウルを受け、

バスケットカウントとなり、フリースローも冷静に沈める。

ラスト1分、タイムアウトを取りやるべきことを確認する。

#10神田のアシストから#9吉田のファーストブレイクが決まり、

41-18で大量リードを得て折り返す。

 

後半

 

3Q 

#4佐藤(2)#7新田(2)#9吉田(2)

#10神田(2)#11狩野(2)

 

先制点は相手のターンオーバーから#4佐藤のファーストブレイクからの点となる。

さらにしつこいディフェンスから、

2回連続して#4佐藤がファーストブレイクを決めていく。

ラスト4分、#7新田、#10神田と#6能上、#8及川が交代。

交代した#8及川が相手を巧みにかわしレイアップシュートを決める。

さらに、#8及川のアシストから#6能上のインサイドプレーで得点する。

またもや#8及川のアシストから#9吉田のファーストブレイクが決まる。

相手も負けずとシュートを放ってくるが、追撃を許さず

58-29で第3ピリオドを終え、最終ピリオドへ突入する。

 

4Q

#6能上(2)#7新田(2)#8及川(1)

#11狩野(2)#13竹國(1)

 

先制点はシュートファールをもらった#6能上のフリースロー。

この後も勢いにのった、強気なプレーから

#6能上がフリースローをもらい、確実に決めていく。

中盤、#8及川のアシストで#12金田(2)のミドルシュートが決まり、

ベンチも大いに盛り上がる。

しかし、相手のタイムアウト後、このまま負けられないと相手も意地を見せ、

連続して得点されてしまう。

それでも積極的に攻めて行きたい。

終盤、#13竹國が強気にオフェンスリバウンドを取りに行くが

得点につながらず。

点差を詰められてしまったが前半のリードから、逃げ切り、

68-50で試合終了。

 

 

今回もたくさんの応援ありがとうございました。

 

連日試合が続き、体がきつい部分はあると思いますが

テーマとしていた走りで勝つことができました。

昨日の試合より、11人がやらなければいけないこと、

チームで決まっていることを理解しチーム一丸となって戦えました。

 

次はいよいよ決勝戦です。

この夏、いい結果を残せるように全身全霊で臨みます。

応援のほど、よろしくお願いします!

 

 

女子バスケットボール部マネージャー  塩路(2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA